毎月のギャンブル代を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。サイレントに負け続けているエカルラートです。

纏まった時間もある、休日もあるので更新できるうちに更新しておきたいです。

今回はギャンブルに使うお金について、この半年で感じたことを書き留めていきます。

私のギャンブル代……多すぎ!?

最近になって分かったことですが、私のギャンブルに投じる金額は多すぎるようです。

私は週に2万円くらいで勝負していたのですが、周囲からギャンブル中毒のヤベー人だと思われる額のようです。

最近の競馬関係の知り合いは皆、1日で千円、二千円くらいらしく、節度を持ったギャンブルへの接し方ができているなぁ、と感じました。1日で千円って聞いた時は『かわいい』という感想しかでてきませんでしたね。

私に競馬を教えてくれた人は私と同じくらいかもっと使っているので、私たちがおかしいのかな? とか思いました。

でもさぁ。

お金欲しいからギャンブルしているんじゃないの?

私は大学時代、『競馬で食費と家賃払えるくらい稼ぎたい!』と意気込んで始めた身なので、特にそう思ってしまいます。

(現実は家賃1年分くらい負けたわけですが)

それに、それだけ負けると、プラスに戻すには1日千円スタートでは何年かかるか分からないですね……。

などと思いながらも、出金明細を見る度にあまり変わっていない貯金額を見て訝しんだり、大敗した日の夕方に今後の賭け金について悩んだりしていました。

やっぱり多かったギャンブル代

とある休日。負けの累積額を確認するため、口座履歴という深淵を覗きました。

具体的な額は言えませんが、ヤバかったですね。

最近の家計簿と給与明細を照らし合わせたところ、貯金額が5万円くらいしかない事実が浮かび上がってきました。

これはマズイ、と。貯金たったの5万やで、5万。

やっぱり減らすしかないんですよね、ギャンブル代。

じゃあどれくらいが無理なく使える範囲なのか。

これは人にもよりますが、私の場合は手取りの1割ですね。それが限界。

今までがブルジョワプレイングやったんや……!

私は競馬以外にほとんどお金を使いません。それで手取りの1割が限界なので、他にも(財布の中身が)アクティブな趣味をお持ちの方はやっぱり1日千円、二千円になってしまうんでしょうね……。

ギャンブルが生活の中心になっている人でも、手取りの1割、稼いでいる人でも3割くらいで抑えましょう!

私は抑えます。でも負けを捲ることからは逃げないよ!!

負けが込んでいない貴方へ

ギャンブル(競馬に限らず)で、負けていてもまだ2桁万円には入っていない、という方がこの記事を読まれましたら、

負けた記憶を忘れてギャンブルから手を引くか、1日最大3千円の制限を設けることを強くお勧めします

 

貯金は大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください